最近の記事

最近のコメント

プロフィール

柴田 真希

Author:柴田 真希
レクセント株式会社
代表取締役 柴田真希
(しばた まさき)

生誕日:1977年7月11日
血液型:B型(バリバリです)
出身:岐阜県多治見市
(常に多治見在住)
ニックネーム:まぁくんorしばちゃん
性別:オス(男性)
趣味:スポーツ全般、読書、最近は陶芸も
特技:超前向き思考

座右の銘:バランス、日々是新・日々是好日
好きな言葉:バランス、成幸、奏でる幸せ

現在、関連会社で取り組んでいる『感動工場化!』なる、取り組みで不景気で苦しむ中小企業の方々の、”小さな希望”と”さきがけ”となるべく奮闘中!

また当然、企業としての生き残りと繁栄をかけ、会社の最高の仲間に支えられながら、最協、最幸の会社創りを実践中。

さらに「活力ある個人がいてこそ地域の活性化!!地域を若者を元気良く!」を合言葉に月に一度、【桔煌会(きこうかい)】を開催中。
有志【桔煌士(きこうし】募集中です。

当ブログではビジネススキルアップや、趣味、人生観など
心の赴くままに書き綴ろうと思います。
一緒にコツコツ勉強していきましょう
どうぞヨロシク!!

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

がんばれウィキペディア

Wikipedia Affiliate Button

カウンター

ブログ内検索

夢リンク

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土をつくる

5月29日    『今日の元気になる言葉』
【 どんなに実現したい夢を持っていて、しかもそれが叶なわなくても、それはそれで
  人生は流れていく。だけど流されているのと、自分で漕いでいるのでは、その違いは大きい。
 】
                                       from 大友直人

東井義雄さんの本の中に、

 下農は雑草をつくり
  中農は作物をつくり
    上農は土をつくる


という言葉が載っています。

ビジネスでいえば小手先の手法を学んだりするよりも、もっと人間の中核をなす

基礎を鍛える方が良いとの意味になりますよね。

それで、ふと思ったんですが、弊社で毎日行っている朝礼や掃除ってのは、

土をつくっている事になるのかなぁっと思ったりするわけです。

土っていうのは会社でいえば、理念や風土みたいなもの。

良い土壌ができれば、力強い根がはり、丈夫な幹を育て、綺麗な花を咲かす。

そう考えると、毎日の朝礼や掃除が楽しくて楽しくてしょうがなくなります。

みなさんはどんな”土”をつくっていますか!?

(今日の花言葉:魅惑的  花: レザーファン
スポンサーサイト

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

民は由らしむべし、知らしむべからず

10月23日 (花言葉:いつまでも献身的に  花:シンフォリカルポス

民は由らしむべし、知らしむべからず
                       第八篇 泰伯

〔読み下し〕
民(たみ)は由(よ)らしむべし、知(し)らしむべからず。

〔通釈〕
人民に行わせることはできるが、なぜ、そうすべきか、その内容を
理解させることは難しい。

ビジネスの場でも同じですね。なぜそれをするのか、なかなか伝わって
いない事が多いのではないのでしょうか。

例えば、「挨拶をしないさい」と言って、挨拶をさせることはできますが、
なぜ挨拶をしなくてはいけないのかまで、理解させるのって
かなり難しいですもんね。

しかし難しと難しいと論じていても何も始りませんので、前向きに考えて
取り組んでみます!!

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

バカになれる人間になる!!

10月22日 (花言葉:真実  花:ツルハナナス


さて22日も出会いのゴルフにお出かけしていた為、今回は
久しぶりに論語について綴ってみます。

子曰、寧武子、邦有道則知、邦無道則愚、
其知可及也、其愚不可及也。
                       
第五篇 公冶長

〔読み〕
子曰わく、寧武子(ねいぶし)、

邦(くに)に道あるときは則(すなわ)ち知(ち)なり。

国に道無きときは則(すなわ)ち愚(ぐ)なり。

其(そ)の知は及(およ)ぶべきなり。

其(そ)の愚は及(およ)ぶべからざるなり。

〔今風に解釈〕
衛という国の貴族であった寧武子は、国の政情が良好な時は
先頭に立って陣頭指揮をとり辣腕をふるった。
しかし政情が乱れた時は裏方に徹し愚か者の役を演じた。
順境の時に美味しいところだけ持っていこうとしたり
利口ぶることは誰でもできるが、逆境下で損な役回りをしたり
馬鹿をすることはなかなかできない。


〔コメント〕
人は必ず順境、逆境とどちらも経験するはずですが、孔子は
寧武子に逆境の時にバカをやれたという事に最大の賛辞を贈っています。

今で言うと、不景気で周囲が沈んでいるときに、一人だけ
バカをやってみんなを元気づけたという感じでしょうか…

確かになかなかできることではないですが、私も寧武子に見習って
バカをやってみようと思います。

という事で公約!私、柴田真希、交流会やお酒の席では
必ず楽しく喋りま~す!!

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

仁者は憂えず

8月4日 (花言葉:あなたは魅力的、情熱  花:ブーゲンビリア

知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず
という言葉があります。

知恵のある人は道理をわけまえているので迷わない。人格者は徳に身をゆだねているので
心配しない。勇ましい人は、信念をもって行動するのでいつ何時も気後れすることがない。

上記のような意味になるのですが、知恵と良心と勇気を併せ持つことで豊かな人間に
なれるとの事です。日本の戦国時代の武将でいえば上杉謙信にこそ、もっとも相応しい
言葉なのかもしれません。知恵と勇気を持った武将は他にも沢山いましたが、謙信は
最後の『仁』を持ち合わせていました。

有名な伝説として敵方の武田信玄に塩を送ったり、謀反を起こした家臣を赦免するだけで
なく重要なポジションにつけたりと、徳が備わっていなければ、できないことです。

私も知・仁・勇を備えた人間になりたいものです。

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

三人、行けば、

8月1日 (花言葉:常に新しく繊細な美しさ  花:ハイビスカス

今日からいよいよ夏真っ盛りの8月に突入ですね。先日から友人のSさんが仕事で
お悩みのようでしたので、今晩はみんなで一杯飲みに行きましょうという事になり、
いつもの台所ゆうすけに行ってきました。

今回は4人でそれぞれいろんな事を話し合ったのですが、最近3人以上で会話や話を
した時に思うことがあります。論語の言葉なんですが、

三人、行けば、必ず我が師を得たり。
 其の善き者を択びて之に従い、其の善ならざる者は之を改む


三人で行動すると 他人を教師にできる。善い行いをしていれば見習い、悪い行動で
あればそれを改めるという意味です。素晴らしければ模倣すれば良いし、悪ければ
反面教師にする。

今回は3人ではなく4人でしたが、上記の言葉のように参加した人間が、その他の
人の善し悪しを見て、学ぶことができる。やっぱり人と交わるって大事ですね。

テーマ : こんなことがありました - ジャンル : ブログ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。