最近の記事

最近のコメント

プロフィール

柴田 真希

Author:柴田 真希
レクセント株式会社
代表取締役 柴田真希
(しばた まさき)

生誕日:1977年7月11日
血液型:B型(バリバリです)
出身:岐阜県多治見市
(常に多治見在住)
ニックネーム:まぁくんorしばちゃん
性別:オス(男性)
趣味:スポーツ全般、読書、最近は陶芸も
特技:超前向き思考

座右の銘:バランス、日々是新・日々是好日
好きな言葉:バランス、成幸、奏でる幸せ

現在、関連会社で取り組んでいる『感動工場化!』なる、取り組みで不景気で苦しむ中小企業の方々の、”小さな希望”と”さきがけ”となるべく奮闘中!

また当然、企業としての生き残りと繁栄をかけ、会社の最高の仲間に支えられながら、最協、最幸の会社創りを実践中。

さらに「活力ある個人がいてこそ地域の活性化!!地域を若者を元気良く!」を合言葉に月に一度、【桔煌会(きこうかい)】を開催中。
有志【桔煌士(きこうし】募集中です。

当ブログではビジネススキルアップや、趣味、人生観など
心の赴くままに書き綴ろうと思います。
一緒にコツコツ勉強していきましょう
どうぞヨロシク!!

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

がんばれウィキペディア

Wikipedia Affiliate Button

カウンター

ブログ内検索

夢リンク

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島正伸氏による『夢』セミナー③

10月6日 (花言葉:打てば響く、的確、芳香  花:ボローニア

さて今回も福島先生セミナーの続きになります。もうお腹いっぱいと
思う方もあと少しお付き合いください。

福島先生のセミナーで最終的におっしゃりたかったこと。
いわゆる『夢しか実現しない』という内容ですが、なるほどぉ~と
頷かずにはいられませんでした。

夢や志を、ただの幻想や思想にしてはいないか?という事なんです。


夢と幻想の違いを簡単に説明しますと、幻想の場合は
『3億円が欲しい⇒宝くじあたらないかなぁ』って感じです。

ちなみに夢の場合は
『3億円が欲しい⇒そのお金を稼ぐために、どんな仕事をするのか
  ⇒どんなスキルがいるのか⇒スキルを身につける為に何をするか⇒…』

と、こんな具合に夢を実現させる人は、やることが明確に見えており
そしてがむしゃらに実践するという感じです。

幻想を抱きながら、ただなんとなく生きている人と、夢に向かって真剣に
生きるている人では、それこそ天と地ほどの開きがあります。

福島先生の言いたいことを、こんな感じでまとめてしまいましたが、
福島先生の伝えたいことは他にも応援やワクワクなど、まだまだ
盛りだくさんでした。私の拙い文章で伝えることはとうていできませんので、
もしご興味があればお話しします。

最後に松下幸之助さんの言葉をご紹介して終わります。

志を立てよう

志を立てよう。本気になって、真剣に志を立てよう。生命をかけるほどの
思いで志をたてよう。志を立てれば、事はもはや半ばは達せられたといってよい。
志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも
道は必ず開けるのである。

今までのさまざまの道程において、いくたびか志を立て、いくたびか道を見失い、
また挫折した事もあったであろう。しかし道がない、道がひらけぬというのは、
その志になお弱きものがあったからではなかろうか。つまり、何か事をなしたいと
いうその思いに、いま一つ欠けることがあったからではなかろうか。

過ぎ去った事は、もはや言うまい。帰らぬ月日に愚痴はもらすまい。そして、
今まで他に頼り、他をアテにする心があったとしたならば、潔くこれを払拭しよう。
大事なことは、自らの志である。自らの態度である。千万人といえども我ゆかんの
烈々たる勇気である。実行力である。

志を立てよう。自分のためにも、人のためにも、そしてお互いの国、日本のためにも。



スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました - ジャンル : ブログ

<< 謝罪 | ホーム | 福島正伸氏による『夢』セミナー② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。