最近の記事

最近のコメント

プロフィール

柴田 真希

Author:柴田 真希
レクセント株式会社
代表取締役 柴田真希
(しばた まさき)

生誕日:1977年7月11日
血液型:B型(バリバリです)
出身:岐阜県多治見市
(常に多治見在住)
ニックネーム:まぁくんorしばちゃん
性別:オス(男性)
趣味:スポーツ全般、読書、最近は陶芸も
特技:超前向き思考

座右の銘:バランス、日々是新・日々是好日
好きな言葉:バランス、成幸、奏でる幸せ

現在、関連会社で取り組んでいる『感動工場化!』なる、取り組みで不景気で苦しむ中小企業の方々の、”小さな希望”と”さきがけ”となるべく奮闘中!

また当然、企業としての生き残りと繁栄をかけ、会社の最高の仲間に支えられながら、最協、最幸の会社創りを実践中。

さらに「活力ある個人がいてこそ地域の活性化!!地域を若者を元気良く!」を合言葉に月に一度、【桔煌会(きこうかい)】を開催中。
有志【桔煌士(きこうし】募集中です。

当ブログではビジネススキルアップや、趣味、人生観など
心の赴くままに書き綴ろうと思います。
一緒にコツコツ勉強していきましょう
どうぞヨロシク!!

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

がんばれウィキペディア

Wikipedia Affiliate Button

カウンター

ブログ内検索

夢リンク

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート!?

6月15日 (花言葉:豊満  花:フトイ

以前お邪魔させていただいた本庄工業さんの住宅展示会が開催されるとの事で、
一緒に見学に行かない?と山共の田口社長から3日前にお電話をいただきましたので、
遠慮なくご相伴にあずかりました。
行き先は岐阜の墨俣辺りで、田口社長の運転で小一時間ほどドライブ。

運転中の田口社長。男の渋みがにじみ出る!!
↓↓↓↓↓↓↓
Image723_convert_20080616102230

現地に到着してスタッフの森さんという方に住宅のコンセプトや見所などを丁寧にご説明いただきました。
すばらく話込んでいると実は森さん、桔煌会メンバーの坂崎さんと学校の同期だったのです。
またまたこんなところでも、出会いの輪がつながってしまいました。感動です!
[坂崎さんもブログ始められたそうです。よろしければリンクからどうぞ]

背の高い人から小さなお子さんまで誰にでも手にかかるように設計された引き戸!!
素晴らしいアイデアです。
↓↓↓↓↓↓↓
Image724_convert_20080616102329

贅沢なまでに木材を使用した家作りで、まるで木の中に住んでいる小人みたいな感覚になります。
こんな家にいつかは住みたいと思わせる家作りでしたね。

2階リビングの写真!
↓↓↓↓↓↓↓
Image726_convert_20080616102436

本庄工業の山本さん(左)と田口社長(右)
↓↓↓↓↓↓↓
Image725_convert_20080616141249

本庄工業さんの展示場を後にした私達は21号を帰路につくためひたすら東へ走行。
道中、田口社長の趣味などを色々うかがいながら楽しい会話をしていると各務原のイオンが見えてきました。
イオンの中に入っている映画館マイカルの話になり、最近見た映画は?っとお互いが質問。
すると田口社長。突然「映画見ていこっか」と提案。私も「いきましょう」と即答し男2人で映画館に…。

たまたまインディージョーンズが先行上映されていましたので、それを見ることに。
楽しい映画だったんですが、それよりも、すごく笑えたのが今日の行動!!!
住宅展示場に家を見に行って帰りに映画って、これ結婚前のカップルとかにありがちそうな
デートコースじゃないですかぁ。それを30超えた大の大人二人で…。(笑)

いやぁ~田口社長にはいつも貴重な経験をさせていただいております。
以前も夜桜を男3人で見に行ったりとか…。企画力と発想力が素晴らしいですね。
ぜひ月末の間伐材伐採体験ツアーも成功させましょう!!


P.S
今日見たインディージョーンズにも出てきたんですが、水晶で作られたドクロって実際存在するんです。
オーパーツ【Out of Place Artifacts(場違いな加工品)】といって人類の進化とはまったく無関係な
ものや歴史的・技術的にありえない遺物の総称なんですが、有名なのがヘッジス・スカルと呼ばれる
水晶ドクロ。

ヘッジス・スカル
↓↓↓↓↓↓
sukaru

うんちくは省きますが、現代の高水準の技術でも精製困難なシロモノなのだそうです。
調査にあたった技術者が「そもそもこんなものが世の中に存在するわけがない」と語っているほどのもの。
そんな物がはるか古代に精製されたとすれば、古代の文明は相当優れていたのか、はたまた
今日の映画のように宇宙人の仕業なのかを考えてみるだけで、ワクワクしてしまいます。
こんな自分って、もしかして結構マニアなのかなぁ…
スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました - ジャンル : ブログ

<< 自警 | ホーム | 同じベクトルから得られるもの! >>


コメント

No title

本庄工業さん、いい会社ですよね。
今、私も一緒に仕事させてもらってます。
お客さんの満足度が高いんですよね。

今度、森さんと同窓会で会うのでお二人の印象聞いときますね。

そうそう私も先日、イオンで映画見てきましたよ。映画はデートの定番ですね。私の相手は奥様でしたが・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。